子どもは王様?

皆さんの子ども時代、または、あなたのお子さんのお部屋はどんなお部屋でしょうか? 近年、ニートや引きこもり、子どもが起こす事件など、 さまざまな心配事が多くなっていますが、 実は子ども部屋が王様化していることが一つの原因だと私たちは考えています。 あなたの家は大丈夫ですか? 子ども部屋の王様度チェックをしてみましょう=表1。 1560js_house01

表1【子ども部屋の王様度チェック】

 1. 家の中で一番環境が良い(例えば南向き、日当たりが良い) 2. 6畳以上の広さがある 3. 親の寝室がないのに、子ども部屋がある 4. テレビがある 5. 電話がある 6. ドアに鍵がかかる 7. 子ども部屋だけで生活ができる 8. 玄関から家族に会わずに出入りできる

    いかがでしょうか? 四つ以上当てはまったら注意が必要。6個以上は危険です。 お部屋の見直しをしてみましょう。 子ども部屋が立派で、テレビもゲームも何でもそろっている。 おしゃれでベッドもふかふかで快適だったら、 子どもは部屋にこもってしまいますよね。 そうなると家族との関わりも少なくなります。 お父さんとお母さんは子どもの憧れ。 お父さん、お母さんが幸せに暮らす姿を見ると、 子どもは大人になる事が楽しみになります。 だから、両親の部屋が大きかったり、豪華だと 「早く大人になってあんな部屋で過ごしたいな~」と思うでしょう。 子どもに未来を楽しみにしてもらうためにも、夫婦の寝室は大きくすてきに。 逆に子ども部屋は、寝るだけの小さなスペースにします。 すると子どもは自然とリビング・ダイニングに出てきます。 家族ともしっかりコミュニケーシュンが取れ、 親を尊敬する子どもになるでしょう。 住まいは良き家族関係を生み出す場。住育視点で考えるといろいろなことが見えてきます。 住育視点をもっと知りたい人は、沖縄住育サロンへお問い合わせください。
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1560号2015年11月27日紙面から再掲載」
住まいは、あなたが思い通りの家族関係をつくりだしてくれます。 環境が、あなたを助けてくれます。 どんな住まい環境にしたら、今のあなたのお悩みは解決できるでしょう。
家族のそれぞれが出来る方法で!その際は「普通はこうや」「これは常識やで」。 の言葉は禁句です。常識を捨てて、さあご一緒に考えてみましょう!
わからない方は、詳しく書いてメールをくださいね。 ご相談お寄せください。 宇津崎友見(うつざき ともみ)宇津崎友見プロフィール ご質問メールはcf@mrs-living.co.jp 世の中の奥さんから集めた「妻がオカン化する瞬間」と「ダンナの育て方」を掲載します。 皆様からのお悩みやご質問もどんどん受けつけここでお答えします。 ブログできました♪ >>> https://www.jyuiku.net/blog/ 住育情報 発信しますので、ぜひブログ登録してね   *************************************************************************** 住育アドバイザーが、住育視点で住まいづくりナビゲート♪ 日本全国「住育」講演もしています! ●一般社団法人日本住育協会 https://www.jyuiku.net/ ●住育コミュニティ協会 http://www.jyuiku.jp/ 暮らしを楽しむ間取りプラン「住育の家」づくり ●株式会社ミセスリビング http://mrs-living.co.jp もっと暮らしをハッピーに・・・住育の情報をお届けします。 新規登録はこちらから → https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=jyuiku ***************************************************************************  ]]>

『住育』の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

片山 友見
片山 友見
仲良くなるコミュニケーション術を通して 世界中の人々が、心豊かに平和に楽しく暮らせる世の中になるようにと活動しています。ご支援のほど宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*