「リビングに居場所」

「家の中で居心地の良い場所はどこですか?」   と聞いて「リビング」と答えた子は、コミュニケーション能力が高いです。 そんな子どもたちは、家族が集うリビングにちゃんと自分の居場所があります。 例えば、帰ったらここ(定位置)に座っておやつを食べて、宿題をするなど・・・。

  では、あなたはいかがでしょうか? リビングにホッとできる場はありますか?

 
住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ
家族が集うリビングに居心地のいい居場所があると、自然にコミュニケーションも取れる
                      実はLDKに居心地の良い場所を作るだけで、家族関係が大きく変わってきます。 そして、これから一番必要とされるコミュニケーション能力が確実にアップしていきます。 面白いデータをご紹介します。 母子家庭向けのシェアハウスを何件も経営している友人がいるのですが、 仲良く暮らすシェアハウスと問題が起きるシェアハウスがあると言うのです。 友人は、ずっと地域性や入居者の生い立ちが違うことが原因だと思っていました。 しかし住育を学び、原因は間取りにあると気付いたのです。 仲良くなるか不仲になるか? その違いは、実はLDKにあったのです。 オープンキッチンの家だと皆が順番に食事を作って仲良くなりました。 しかし孤立しているキッチンの家は皆、外食ばかり。 その上、隣の部屋がうるさいだのゴミの出し方が汚いなど 入居者間のいろいろな問題が多くなる。 住まいのあり方で人はこんなに変わるのですね。 友人は現在、住育リフォームを考えています。 住育が大切にしているのは、自然にコミュニュケーションが取れること。 それには、家族の顔が見えて気配を感じられること、 人が集う場所を居心地良くすることが大切です。 居場所があることが、居心地の良さにつながります。 お気に入りの椅子やソファがあるなど、 あなたの家のLDKは皆が楽しく会話できるようになっていますか?
 毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1547号2015年8月28日紙面から再掲載」
住まいは、あなたが思い通りの家族関係をつくりだしてくれます。 環境が、あなたを助けてくれます。 どんな住まい環境にしたら、今のあなたのお悩みは解決できるでしょう。
家族のそれぞれが出来る方法で!その際は「普通はこうや」「これは常識やで」。 の言葉は禁句です。常識を捨てて、さあご一緒に考えてみましょう!
わからない方は、詳しく書いてメールをくださいね。

ご相談お寄せください。

宇津崎友見(うつざき ともみ)宇津崎友見プロフィール ご質問メールはcf@mrs-living.co.jp 世の中の奥さんから集めた「妻がオカン化する瞬間」と「ダンナの育て方」を掲載します。
皆様からのお悩みやご質問もどんどん受けつけここでお答えします。
ブログできました♪ >>> https://www.jyuiku.net/blog/
住育情報 発信しますので、ぜひブログ登録してね
*************************************************************************** 住育アドバイザーが、住育視点で住まいづくりナビゲート♪ 日本全国「住育」講演もしています! ●一般社団法人日本住育協会 https://www.jyuiku.net/ ●住育コミュニティ協会 http://www.jyuiku.jp/ 暮らしを楽しむ間取りプラン「住育の家」づくり ●株式会社ミセスリビング http://mrs-living.co.jp もっと暮らしをハッピーに・・・住育の情報をお届けします。 新規登録はこちらから → https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=jyuiku ***************************************************************************
 ]]>

『住育』の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

片山 友見
片山 友見
仲良くなるコミュニケーション術を通して 世界中の人々が、心豊かに平和に楽しく暮らせる世の中になるようにと活動しています。ご支援のほど宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*