京都市長 門川大作 様より

京都市長 門川 大作 殿 学生のまち京都で、学生の豊かな想像力と行動力を生かし、安らぎのある家づくり、街づくり、社会づくりを目指す「住育」の取組が着実に前進しておりますことを非常に心強く思います。

マザーテレサがノーベル平和賞を受賞した際、「私たちは世界平和のために何をしたらよいか」との問いかけに、「帰って家族を大切にしてあげてください」と答えたそうです。

宇津﨑光代理事長様が心血を注いで提唱されてこられた「住育」は、まさに家族の大切さを基本にした取組であり、『ただいま』と言って帰ることができ、『おかえり』と言って迎えてくれる顔の見える家族の存在、住まいの環境がいかに大切であるかについて、多くの方々の共感を呼び、「住育」がテレビ等でも大きく取り上げられていることは嬉しい限りであります。

本市では、「子どもを共に育む京都市民憲章」を制定し、子どもが安全で健やかに育つための取組を市民ぐるみで進めておりますが、子どもの安らぎの基本は家庭であり、本日のセミナーを通して、京都から「住育」が全国に広く発信され、幸せの輪が更に大きく広がりますことを願っております。

結びに、本日にセミナーの御盛会と、御参集の皆様方のご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げます。

平成22年2月13日
京都市長 門川大作