衆議院議員 逢沢一郎様より

衆議院議員 逢沢一郎先生 第五回日露国際フォーラム 2006年  祝辞

第五回日露国際フォーラムの開催にあたり一言お祝い申し上げます。今回の国際フォーラムでは、私の友人である宇津﨑光代氏が代表を務めるNPO法人住育コミュニティ(旧内閣府認証NPO法人「次世代の家と社会をつくる会」)が主催し、ロシア各界の指導者の方々と、教育をはじめとする国際社会の直面する様々な問題について議論が行われると伺っております。NPO法人住育コミュニティ(旧内閣府認証NPO法人「次世代の家と社会をつくる会」)は女性の視点で環境、健康、安全、安心を考えながら幅広い国際交流事業を活発に手がけており、本件フォーラムにおける議論に大いに貢献するものと確信しております。この場を借りて、本件フォーラムの主催の労をとって頂いたロシア連邦国会議員クラブに所属するNPO法人「平和の輪」に感謝を申し上げるとともに、日本側の参加の皆様に対し暖かいお力添えをお願いしたいと存じます。

日露は互いに重要な隣国であり、両国関係が緊密に発展することは日露両国のみならず、アジア太平洋地域、ひいては国際社会全体の平和と繁栄にとって欠くことのできない極めて重要な要素です。この夏にロシアで開催されたG8サミットにともない、日本からも総理大臣を始めとし、多くの国会議員がロシアを訪問しています。両国の政治経済関係がますます進展していくことが期待されますが、そのためにも今回のフォーラムのような両国国民の交流を通じた相互理解の推進が重要であることは言うまでもありません。このような観点から私としても今回のフォーラムに大いに期待しているところであります。

最後に日露国際フォーラムの成功を祈念して私のメッセージとさせていただきます。

平成18年9月27日
衆議院議員 逢沢 一郎